エントリー

iPad、iPhone、iPod touchの復元に失敗する時は

こんな時間に書いているという時点で色々察して下さい。
うちでは母が初代iPadを使っています。
親もApple信者なのかよとかいうツッコミはなしで!父は何も持ってない!
さすがに難しい管理は私の担当なので、さてそろそろiOS5にアップデートしようかと思ったわけですね。
iTunesに繋いでファームウェアをDL、インストール。
………
あれ?様子が変だな…再起動しない?
「iTunesはリカバリモードのiPad を見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPadを復元する必要があります」
はい!?リカバリモードにした覚えないんですけど!うわ何コレ、コイツが噂のアップデート失敗ってやつかー!
くそう復元か…復元しかないのか…っていうかもういやでも復元ボタン以外押せないしiTunes…
仕方なくぽちり。

「iPadを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(6)」

そして雪のように真っ白な画面のiPad。

…今まで複数のiPodを使ってきたがこんな状態は初めてだぜ!しかも母のだよこれどうするー!

とりあえずMac再起動、復元作業を繰り返すも結果変わらず。iTunesに認識はされてるがシリアル、容量など全く読めてない状態。電源ボタンを押すと一旦暗くなるもののすぐに真っ白に。実はバッテリーの残りが10%ちょっとだったので充電してみたらずーっと真っ白画面が点灯アラ素敵明るいわあv

次の手段。
iTunesはMacならoptionキー、WinならShiftキーを押しながら復元ボタンを押すと、復元に使用するiOSファームウェアを選択できる。これを利用することに(ちなみにこの機能でiOSダウングレードも出来るぞ、やめた方がいいけど)。
iOS5のファームウェアをAppleからDLしてきてMacローカルに保存、iTunesでの復元時にoptionキーを押してこのファームウェアから復元をするように指定。

5秒ではねられた。
エラーコードは37に変わり、iPadはAppleマークと歯車ぐるぐる(つまり起動と終了)を繰り返すように。
これも数度チャレンジ、変わらず。軽度になったのか重症化したのかわからん。

エラーコード6とか37というのは
「セキュリティソフトが何らかの邪魔をした」
という意味のようだが…
またやったのか(この記事参照)!?
いやセキュリティソフトは切ってあって、動いてた常駐アプリは大人しいやつばっかりなんだけどな。
しかし復元に失敗するのは
「Appleの認証を通れない」
ということだから可能性はあるけど、しかしなんだか決め手に欠ける。

状況を整理すると、

  • iTunesで認識はする
  • しかし復元は出来ない
  • iPadの画面は起動と終了を繰り返している

推論。
ハードウェアは無事のようだが、インストールされたiOSが異常らしい。

うあーこういう時普通のMacやPCならどうにでもなるものをー!

ネットで調べた結果、
「ひたすら頑張る」「iTunes再インストール」「USBケーブルを変える」等があるらしいのだが…
ここは電脳屋敷だ。環境丸ごと変えてやる(やけくそ)ちょっと響さーんWindowsで宜しくー。

(30分後)

「復元出来たぞ、あっさり」
マジですか!やったー!!!
あとは私のMacに繋いでバックアップを移せば終わり。動画からゲームのスコアに到るまで綺麗に元通り!
ううっ…神経すり減った…自分のじゃないだけに…なんたってAppleの修理費はとんでもない値段だからな。
(正確には「Appleは金は取るが修理しない」。大抵新品に交換になるが、無料か有償かはその時々)

というわけで本日のTips。
対処方法と言えるかどうかはともかく、一応復元に成功した例として書いておきます。
iPhone、iPod touch、他iPodにも通用すると思いますが、とにかく
「Appleの認証をパスする」ためには「一度通信を遮断する」ことが必要です。
同じマシンではおそらくシャットダウンは難しいので、
「復元出来なくなったら他のマシンやOSを試せ!」
できれば最新版にアップデートしてないiTunesがいいです。さらにファイヤーウォール系のソフトが入っていると尚良し
他のマシンなんてねーよ!という方が大半かとも思いますが、一台でも何とかなる!Macならマルチユーザーアカウント作っておくとか、Boot Campや仮想環境でWin入れとくといいでしょう。
何故最新版じゃなく、ネットワーク監視ソフトが入っているといいかというと、
ファイヤーウォールソフトが一度通信を遮断するため、iTunesが最初から認証をやり直して新しいiOSをインストールし始める確率が高いからです。

最初にインストールしたiOSが何故異常だったかはわかりません。
発表直後のエラーコード3200騒ぎはアップデートしようとした人が殺到したせいだけど、いくら何でも今はサーバ混んでるなんてことはないだろうし、うちの回線も安定しています。何かの拍子と思っておくしかないか。

ちなみに響が復元にこぎ着けるまで時間がかかった理由は、今使ってる自作Winが色々と限界状態のため、iTunesのアップデートすらサボっていたからです。しかもWindowsなので自己防衛のためにセキュリティやネットワーク監視などのソフトが必須。実際に今回、iTunesが遮断されてしまったそうです。それが今回幸いしたわけですが。自分のiPod touchは第2世代なので、iOS5はハナから入らないのですね。
もちろんMacにも防衛のためのソフトは入れてますが、Win用ほどの選択肢がないのが問題。

一応Apple公式にも復元が上手くいかない際のトラブルシューティングがあります。それを活用するためにはエラーメッセージと共に表示されるエラーコード(番号)を覚えておく必要がありますが、こんな怪しげなブログを読む前に、先に一読するのがよろしいかと。ただ、エラーコード6とか37の方は、対処法はここに書いてあることと大して変わらないです(笑)「別のコンピュータを用意する」とか本当に言ってるし。

iOS:アップデートおよび復元時の警告メッセージを解決する

iTunes:アップデートおよび復元時の特定のエラーメッセージと高度なトラブルシューティング

脱獄している方は自業自得なので諦めていただくしかありません。
身に覚えがないのに大事なデバイスおかしくなっちゃったよ!という方のお役に立てばいいですが、あんまり立たない気もします…お粗末様でした。
いくらデジタル時代とは言え、PCもモバイルデバイスも結構不安定なものなので、常日頃からバックアップくらいはマメにとるのが予防策かと存じます。

ページ移動

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前(必須)
メールアドレス(任意/管理者にのみ通知されます)
URL(任意)
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

現在の日本標準時

カレンダー

08‹‹ 2014年09月 ››10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

拍手送信

拍手送信フォーム

新着画像

新着エントリー

アーカイブ

Feed

PAGE TOP